何かを始めるタイミングを人と比べない

何か始めたいって思った時に、自分の年齢が気になってもう遅いかな、無理かなって思ったり。もう少し自分が若かったら、●●してみたのにな、と思ったり。
 

でもやりたいと思った時が、その人の何かをスタートするタイミングだと思うのです。
多分、自分が考える「もっと若かったら」の時は、他のことに夢中で今やりたいと思ったことをやろうと思わなかったわけですから。
 

というのも、今日ヨガのレッスンを受けていた時に、ふと周りの生徒さんを見渡してみたんですよね。自分より年齢が10歳ぐらい若い方もたくさんいて。
 

その時こう思ったのです。
「何で私は10年前からヨガの勉強をしなかったんだろう、10年前なら結婚もしてなかったし、時間もたっぷりあったのに、子供2人産んで、仕事してからヨガのインストラクターの資格を取るという、一番忙しい時期にヨガの勉強を始めるなんて」
 

でも今思えば10年前は、WEBの仕事も楽しくて仕方なかったし、Jazzバンドも組んでいて、リズム感をつけるために、ヨガどころか、HIP HOPのダンスクラスを受けていたんですね。
当時の私には、ヨガは必要なかったわけです。

私の場合は35歳前後でカラダがヨガを欲していたわけで。

それに、10年前の私にヨガのインストラクターとして生計を立てることが出来たのかといったら、それも無理だったのです。
 

10年間WEBの仕事をしてきたからこそ、フリーランスになれたわけで、フリーランスになれたから、ヨガの知識をより深める時間を作ることが出来たし、インストラクターの仕事をする時間も作ることが出来た。
 

例えば
「今さら司法書士の勉強なんかしても、合格する頃には40歳過ぎてて、40過ぎた自分を採用してくる会社あるかな」

とか、考える必要なし。
そんなことはまず勉強してから考えればよいこと。
 

私の元同僚(子供2人持ち)は40歳過ぎてから「小学校の先生になりたい」と言い出し、時短正社員をしながら大学に通って単位を取り、43歳にして、小学校教員になりました。
 

彼女の何か始めるタイミングは40歳だったのです。
40歳になって、自分が教員の仕事をしたいと切実に感じたのです。
 

年齢は関係ないと思います。
始めたいと思った時が、自分に取って始めるタイミングだと信じて、行動することことから全てはスタートです!

理想体重に必要な摂取カロリーを把握して、食べながらダイエットする方法

35も過ぎると、一度増えた体重を戻すことってなかなか難しいですよね。
私は1人目を出産して、ヨガを初めてからかれこれ5年間全く体重が変わっていません。
元々太らない体質というのもありますが、食事はかなり意識しています。

 

理想の体重を維持することは、正直仕事にも影響します。
私の場合、WEBディレクターもしつつ、ヨガインストラクターもしているので、ある程度人前に出る機会が多いんですよね。
ヨガを始めたい人にはダイエット効果を期待している人もいます。
その時、私自身がぽっちゃりしていたらあまり説得力がありません。なので、体重維持には日々かなり気を使っています。

さて、

・ダイエット=運動
・ダイエット=食事の量を減らす

と考えている方は多いかと思います。
もちろんそれも大切ですが、まずは

★1 :自分の体重に対して1回の食事で摂取出来るカロリー
★2  :  自分が理想とする体重に対して1回の食事で摂取出来るカロリー
 
を知ることが大切です。
理想とする体重に必要な、1回の食事量を把握することで、大好物は食べれなくても、まあまあ好きな物を食べながら体重を落とせることが1番理想ですよね。
では、
★1 :今の体重で自分が1日に摂取出来るカロリー
の計算方法をお伝えします。
 
1、自分が1日に摂取可能なカロリーを算出
自分の体重 × 男40 女38=自分が1日に摂取可能なカロリー
(例 女性55kg × 38=2090カロリー)
 
2、更にこれを、たんぱく質、脂質、糖質のに分けて各栄養素に必要な1日の食事の摂取カロリーを算出します。カロリーで算出しても分かりにいくいので更にgに算出し直します。(小数点は切り捨てましたけどどちらでもOK)
たんぱく質 2090 × 0.15(15%)÷ 4 = 78g
脂質  2090 × 0.25(25%) ÷ 9 = 58g
糖質 2090 × 0.6(60%) ÷ 4 = 313g
3、算出したgを1日の食事量から、1回の食事量に算出
たんぱく質 78 ÷ 3  = 26g
脂質  58 ÷ 3 = 19g
糖質 313 ÷ 3 = 104g
 
これが今の自分の体重を維持するために必要な1回の食事量です。
 
4、次に今の計算を自分が夢見る体重にして計算してみて下さい。
(例:55kgの体重だが、理想体重は48であれば、48で上記1〜3の手順で1回の食事量を算出)
 
試しにオリジン弁当の栄養成分一覧表から、自分が食べたいお弁当を選んで、それが理想体重の食事量に見合っているか、みてみましょう。
(糖質は炭水化物で見てください)
ミルカツ弁当は食べられなくても、唐揚げ弁当は食べれるかもしれないですよね!
それだったら我慢出来そうです。唐揚げ弁当も十分美味しいですから。
 
4で算出した数字を常に頭に入れて、ランチのお弁当や外食を選べば美味しく食事しながら、今よりは体重を減らすことが出来るはずです。
 
 
ちなみに、私は定期的4で出した数字を外食した際にメニューのカロリー表と照らし合わせていますが、ほぼ一致しています。食べたい物が理想の体重の欲求が一致しているんですね。

 

まずは意識することが大切。
すぐに実践出来なくても、メニューを選ぶ時にこの数字が頭に過るだけでも、食事習慣は変わってきます。
算出した数字を携帯のメモ帳に入力しておき、いつでも見れる環境を作ってみてください♪

WEBクリエイターのための冷え性改善ヨガレッスン

昨日も自宅セミプライベートレッスン
女性WEBディレクターさん2名でしたので、

「WEBクリエイターのための冷え性改善ヨガ」

を目的としたプログラムで進めていきました。

 

写真-11

実はお二人は以前私が勤務していたR社でお取引させて頂いていた、大手制作会社のWEBディレクターさん。仕事を辞めてもこういう形で交流が持てるってほんと嬉しいです。

 

さて、お二人から出てきたカラダの悩みのお言葉。
「年々冷え性になってきている」

 

わかります。私もそうです。
年々冷え性になってきている原因は以下が上げられます。

1、歳を重ねるごとに筋力が弱まり、代謝が悪くなる
2、歳を重ねるごとに血行が悪くなり、体が暖まりにくい

 

冷え性になると以下の不調が見られてきます。

1、自律神経やホルモンが乱れ、ちょっとしたことでイライラしがち
2、激しい生理痛や、偏頭痛
3、卵巣が低下し、妊娠しにくい体に

 

ヨガにおいての冷え改善方法は
1、下半身の筋力を強化
2、骨盤を調整し、骨盤底筋群を強化
3、内股内転筋の強化

 

などがあります。
今回は、上記3点が鍛えられるポーズを中心におこないました。

 

WEBクリエイターさんは仕事が忙しいので、ローンチが近いと毎週ヨガに通うとか難しいかと思います。1度ヨガを通して、自分の下半身のどこが弱いか、まずはそれに気付いてもらうことが大切です。

 

少しでもハードスケジュールが伴うWEBクリエイターの皆さんのカラダが楽になるよう、これからも活動を続けていきたいです♪

産後ママのセミプライベートレッスン

昨日は、育児休暇中の産後3ヶ月ママお二人と、3人のお子さんを保育園に預け、昨年4月から仕事復帰した産後1年ちょっとのママ、3名のセミプライベートレッスンでした。

yoga1

皆さん、やはり産後の骨盤のゆがみを気にされているようでしたので、プログラムは、

「骨盤調整ヨガ」+「お試しパワーヨガ」

赤ちゃん連れでしたので、赤ちゃんを抱っこしたり、ヨガマットで赤ちゃんも一緒に横になったり、途中授乳したりなど、初歩的なポーズを中心にマイペースにレッスンしました。

私も途中、赤ちゃんを抱っこしながら、ヨガ。
バランスポーズの代表的な「立ち木のポーズ」も、赤ちゃん片手に抱っこしつつ、片足ポーズ、う~ん、自分もヨギー二として、成長したなと思う一瞬でした。

産後ママにお伝えしたいヨガポイントはずばり、

「骨盤底筋を強化」

骨盤底筋を鍛えることで、

1、骨盤を正しい位置に戻す。
2、腹筋力をつけ、下半身太りを防止する。
3、産後の尿漏れを改善する。
4、便秘や、冷えを改善する。

このような効果があります。
産後ママに限らず、女性にはマストな効果ですよね。

お友達の口コミのみでひっそり開催している、我が家のヨガセミプライベートレッスンですが、友達が連れてきてくれる、お友達がみな素敵な方ばかり。同じワーキングマザーとして、皆さんからパワーをもらうことも出来ました。

1時間ヨガの時間を共有出来たことに、心から感謝です。

子連れOKのママのセミプライベート骨盤矯正レッスンに興味がある方はこちらからお問い合わせくださいね♪

お問い合わせはこちら>>

何事も丁寧にやる=時間が生まれる

a7113bc62de238e37f966cd50c6cdec0_s

数年前まで、私は生活習慣が非常に雑でした。
掃除、料理、育児、全て中途半端というか。
でも100%を求めたら仕事と、育児を両立するワーキングマザーとして身体が持たないと思い、あえて100%を目指さないようにしていました。

でも、先月ヨガ哲学の講義を受けに行った時のことです。哲学の授業は奥が深く、全てを理解することが難しいのですが、この言葉だけすっと身体に入ってきました。

「何事も丁寧にやりなさい、丁寧に生きなさい」

はっとしました。子供が出来てからというもの、毎日必死に生きていたけど、丁寧には生きていないあと。

その日から、少しだけ、出来る範囲でライフスタイル、ワークスタイルを見直しました。

★ライフスタイル★
・夕食の栄養バランスを今まで品数で整えてきたが、時間がない時は、おかずが1品になってもいい。その代わり、その1品にどれだけ栄養バランスを考えた食材を入れられるかを考える。
・60%のてきとーな部屋の全体的な掃除より、毎日1カ所だけ掃除する場所を決め、その場所を丁寧に掃除をする。

★ワークスタイル★
・仕事は17時30分で終了。終わっていない仕事は翌日に回して諦める。(締切間近の時などは例外)

・テンプレート化した資料を使用した短時間可能な仕事も、テンプレート化されている部分も毎回再度見直しながら、丁寧に作り込む。

・お客様からメールは、基本24時間以内返信と決めていますが、が届いた瞬間焦って返信をwしない。気持ちを落ち着かせて、一呼吸置いてから丁寧にメールを返信する。

こんなことをしていると時間が足りないと思いがちですが、これが不思議と物事を丁寧にこなすことで、新たな時間が生まれるようになりました。

1日の中であれもこれもやるのを諦め、タスク数を減らし、それ以外の部分は諦める。諦めた時間が、自分の隙間時間となってきたのです。

目に見えて体感できたことはこんな感じです。

 

★何かやりながら育児ではなく、子供とだけ向き合う時間を持つことが出来た。
★子供と向き合う時間を作ることにより、子供も満足して今までよりも早く就寝するようになった。
★タスク数を減らすことにより、お客様のお仕事以外の、自分のための仕事時間を毎日確保する時間が作れるようになった。
★掃除に対するプレッシャーが減ってきた。
★自転車を漕ぐスピードが遅くなった。

 

急がば回れ、これに共通するものがあるかもしれないですね。
丁寧にやることによってワークスタイルもライフスタイルも、自然とスキルアップしていくのかなあと。

もし、「毎日目が回りそう〜」と感じたら、ママに限らず誰でも出来ることなので、出来る範囲で実践してみて、その効果を体感してみてはいかがでしょうか。

お散歩ヨガ

近所の商店街を歩いているだけでも、ちょっと目線や、見方を変えて色々なことを観察しながら歩いていると、ちょっとした発見や、その発見によって自分に何か問いかけることが出来ます。

 

特に商店街を歩きながら働く人を観察するのが好きです。
これは渋谷や新宿など、大きな街ではなく、小さなエリアのほうが楽しい発見がたくさん見つかります。

 

毎日通っている近所の八百屋のおばあちゃん。
80歳ぐらいの地元商店街の主のような貫禄のあるおばあちゃんや、おじちゃんなのですが、旬じゃないものは例え食材が売られてても売ってくれません。
今日のブロッコリーは高いし、野菜が高い時は味も悪いから、夕飯は違う野菜のメニューにしろと必ず言われます。

 

また、おすすめの安くて美味しい野菜を選ぶと必ず、簡単なおかずレシピを口頭で話しながらお勘定をしてくれます。

野菜を売ること、そしてそれを買ってくれるお客様への責任、80歳のおばあちゃんが何気なくぶっきらぼうに口にしてることがサービスの大前提だよなあなんて、長ネギをエコバックに入れながら思うわけです。

 

その八百屋の隣にある最近出来た格安美容院。
従業員募集には、40歳、50歳の主婦大歓迎と書いたチラシがガラスに貼ってあります。
小さな美容院だけど、正しい雇用創出に貢献してるなあと感じたり。
ニッチなターゲット層を絞ることって重要だなあって感じたり。

こうやって、地元で働くサービス業の皆さんの姿を見ながら自分を見つめ直すことが出来る。自分を見つめること、これもヨガなんですよね。

名付けてお散歩ヨガ。

皆さんも、ちょっとした生活の中から新しい発見が見つかりますように。

ヨガインストラクター mie

ヨガインストラクターmieです。2児の母とWEBディレクターとして、起業されたいママのWEBコンサルタントもしています。
ヨガレッスンはほぼ毎日どこかで何かしらやっています。ヨガレッスン情報やおヨガ役立ち情報、日々の気付きをほぼ毎日?更新中〜。
http://mieyoga.com/

facebookページ