ハワイ(ホノルル)の住宅事情について考える。

ハワイに中期滞在すると、ハワイの住宅事情が気になり、夫の職場のハワイ支店の方々とBBQをする機会があったので、色々とヒヤリングしてみました。みんな気になりますよね、住宅事情。テレビで出るハワイに住んでいる人の紹介は、芸能人や、社長レベルで、豪邸に住んでる人ばかり。

 

ワイキキ徒歩圏内の賃貸

・ワイキキ圏内が職場であれば、歩いて通勤が多いようです。駐車場代もバカになりません。
その場合の家賃は、1DK or 1Kが、12万〜18万。ただし、この12万は都内近郊で同じ広さの部屋を借りた場合、5万〜7万円家賃の部屋と同じクオリティ。

 

ファミリータイプマンションの賃貸

私が住んでるようなよくありがちな今時の3LDKマンションを借りるとなると、waikikiの場合25万〜30万が相場。少し離れれば20万ぐらいでもあるかもしれない。築年数は20年〜30年。

まとめ

独身であれば、12万の部屋をルームシェアしたり、安い1 studioを借りたり、やりくりはしやすいかも。

• 雇用期間が決まってる人達ばかりだったので、賃貸がメインのため、購入についてはNo情報。

とにかく、honoluluは六本木よりも家賃が高い。食費も高い。食材はジャンクフード以外、全て日本の3倍。

 

ちなみに、夫の職場のハワイ支店の人達の属性は、
1、独身(雇用期間ありが95%)
2、旦那様がアメリカ人でグリーンカード取得済み

が多いようです。
日本人は車を持ってない方が半数以上でした。

 

我が家は、波乗りが必須なので、車がない生活は考えられず、今のところたまにハワイに中期滞在して美味しいとこどりするのがちょうど良いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントをお待ちしております